お知らせ|サイトデザインがリニューアルされました!

【徹底解説】Clubhouseに続く招待制SNS?Dispo(ディスポ)とは|今を楽しむ写真アプリを実際に使ってみた

Dispo Clubhouse
Dispo(ディスポ)とは?今注目を集めている招待制SNS。「Instagramの再開発」と言われており使い捨てカメラを応用したアプリになっており最大の特徴は「撮った写真はすぐに確認することができず、翌朝の9時に一斉公開される」使い方から実際の使用感を徹底解説。

Dispoとは

ディスポインストール

今日本では招待制を導入している「音声版Twitter」Clubhouseが話題沸騰中ですが、そんな中同じく招待制を導入しているアプリが話題を呼んでいます。

その名もDispo(ディスポ)
Dispoとは「Disposable=使い捨て」の略で使い捨てカメラをモデルにしたカメラアプリです。

「写ルンです」をそのままスマホに取り込んだようなアプリで「Instagramの再開発」と呼ばれています。
Dispoで撮った写真はとにかく『エモい』んだとか…

開発者は大人気YouTuberDavid Dobrikさんです。
チャンネル登録者数はなんと1890万人!

このDispoにはどんな機能があるのか、なぜ話題になっているのかを徹底解説していきます!


Dispoの特徴


撮った写真は翌朝9時に一斉公開

最大の特徴は撮った写真はすぐに確認することができず、翌朝の9時に一斉公開されるとこ。
普通のカメラアプリは撮った瞬間に写りを確認することができますよね?
しかし、Dispoではそれが出来ません。
撮った写真を現像するまで見ることができないフィルムカメラのようなワクワク感をここで体現しています。

フィルムカメラ

Dispoで撮った写真しかあげることができない

スマホのカメラロールにある写真や他のカメラアプリで撮った写真はあげることができません。
Dispoには加工や編集機能がついていないので、自動的に無加工のものしかあげることができないのも特徴です。


ロールが作れる

アプリ内でロール(rolls)と呼ばれる写真フォルダを作成することができます。
自分だけが閲覧することができるロールや、他人と写真を共有できるロールを作ることができます
「日本の写真」「かわいいもの」「今日の空」など様々なロールが公開されているので、写真を入れていくこともできます。

ロール

招待制

利用するには、すでに利用しているユーザーから招待URLをもらう必要があります。

1人が招待できる招待枠は20枠。


iOSのみ対応

現時点ではiOSのみの対応になっています。
つまりiPhoneユーザーのみ利用可です。
こちらはClubhouseと同様ですね。


実際に使ってみた

それでは実際に使ってみましょう!

撮影編

アプリを開くとこのような画面が出てきます。

ファインダーのサイズも従来のカメラアプリのようにスマホ画面いっぱいのサイズではありません。
実際のフィルムカメラのような、狭いファインダーを覗く必要があります。
細かいところまでフィルムカメラを再現していますね。

シャッターボタン

ファインダーの上のバーでズーム調節可能
ファインダーの右の緑のボタンがシャッターボタンです。
シャッターボタンの右にある「No rolls selected」を押すと入れたいロールを選ぶことができます。


あとはシャッターボタンを押すだけ!
撮った写真は翌朝の9時までお楽しみです。この瞬間がとってもワクワクします!


鑑賞編

撮った写真は自分が選択したロールの中に公開されます。
写真もフィルムカメラさながらのエモさがありますね!

自転車
街

ロールは自分で作成する際に、privatepublicが選べます。
privateは自分の招待したユーザーのみが閲覧可能です。
publicは一般公開になっているので、誰でも写真を入れることができます。
他人と同じフィルムカメラを使い回して撮影しているような感覚です。

いろんな人の写真を見ることができるので、世界中の方の何気ない日常を覗けたり
TwitterやInstagramのようにキャプションがないので写真だけの非言語コミュニケーションが取れる面が、今までにない新鮮さがあります。


あなたは「今」を楽しめていますか?

開放感


今までになかった新鮮さ+一昔前のような不便さ一つにしたのがDispoです。

いろんななものが便利になっている今、人々は「不便益」を求めているのでしょうか?
不便益とは「不便だからこそ得られる価値や効用」のことです。


スマホが普及して10年以上が経ちました。
SNSは若者にとって必要不可欠なものになっています。
そんな中で「SNS疲れ」という言葉も耳にするようになりました。
SNSに投稿する為に、納得のいくまで何枚もの写真を撮り、さらにそこからよく撮れた写真に加工、編集を重ねていく。
「いいね」や「リツイート」など、たくさんの反響をもらうことに必死になりすぎてはいないでしょうか?

Dispoでは、写りを気にして何枚も撮影をしたり、加工をすることができないので、誰もが同じ土俵で楽しむことができます。
SNSに疲れてしまった人も、新しいSNSを楽しみたい人にもぴったりなのがDispoです。

「映え」や「他人からの評価」を気にせずに、ありのままの「今」を楽しんでみませんか?

おすすめの記事→【Clubhouseの活用方法がわからない人向け】有効活用や友達の作り方を紹介!


プロフィール写真

執筆者 まい

神奈川県出身、大学3年生。国際関係を専攻中。独学でタイ語を学んでおり、大学卒業後はタイに移住予定。マイウェイ部ではインターンとして記事執筆中。